日当山侏儒どん伝説 TOP > 日当山温泉について  

800年続く薩摩の奥座敷の名湯「日当山温泉」

日当山温泉は、有名な霧島温泉、妙見温泉の近くにあり、鹿児島空港にほど近い温泉街です。日当山温泉の歴史は古く800年近く続く温泉街として知られています。天降川をはさんで両岸にあります。鹿児島県内で最も古い温泉といわれ、美肌をつくる湯としても有名。共同浴場が多く点在し、穏やかな湯治場の雰囲気を漂わせています!西郷さんは春夏秋冬と十数回にわたり日当山温泉を訪れたそうです。隼人町東郷から隼人町内にかけての天降川と国道223号に挟まれた南北約500mの区域にある温泉街。姫城温泉、国分温泉などの温泉群を含めることもあります。


東郷温泉(しゅじゅどん温泉)

1885年(明治18年)、鶴丸八兵衛によって発見された湧出温度44℃の単純泉です。しゅじゅ橋の近くに温泉があります。単純温泉で立ち寄りの普通の銭湯のような温泉ですが、なじみのお客様でいっぱいです。


日当山侏儒どん伝説 コンテンツ一覧

Copyright (C) 日当山侏儒どん伝説!. All Rights Reserved.