日当山侏儒どん伝説 TOP > 霧島温泉について  

南九州で最も有名な「霧島温泉郷」

霧島温泉郷は「霧島温泉」「日当山温泉」「霧島神宮温泉郷」「妙見温泉」など、霧島市・霧島周辺の温泉群をいいます。このあたりはあちらこちらで温泉が沸き、湯の恩恵を皆さんが受けています。九州では由布院、黒川、嬉野、別府など多くの温泉街がありますが、南九州の鹿児島で言えば「霧島温泉」「指宿温泉」が有名です。
坂本竜馬が新婚旅行でこの地を訪れ、「日当山温泉」に一泊し、霧島の「塩浸(しおひたし)温泉」で、暴漢に襲われた傷を癒しました。その他、多くの歴史上の人物に加え、今でも多くの観光客の方が霧島温泉を訪れています。


硫黄がすごいです!いたるところで温泉の煙がでてます。お湯も霧島、妙見、日当山など全てで泉質が違うところも魅力です。


霧島神宮です。非常に神々しい神社です。是非一度お立ち寄り下さい。


霧島の眺めはどの景勝地に勝るとも劣りません。昭和天皇も行幸されたようです。

日当山侏儒どん伝説 コンテンツ一覧

Copyright (C) 日当山侏儒どん伝説!. All Rights Reserved.